スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by i..mana
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

その日のこと

※らぶの死について書いているカテゴリです。
気分を害される方もいらっしゃると思いますので
その可能性のある方はエピソードメニューから見て頂けると
ペットロス系の記事は辿り着かずに読んで頂けます!


その日のうちに、沢山の方がらぶに会いに来てくれました。
みんな、まだ温かいらぶの柔らかい毛を撫でで「有難う」とか「またね」とか
色々な言葉を掛けてくれました。
そして、「可愛いね、可愛いね」って何度も頭を撫でながら泣いてくれた方もいました。
彼女もまた、黒ラブを亡くしてすぐのお母さんでした。

そうやって誰かが涙を流してくれる姿を見てはまた涙していたけれど
本当は、とても心が救われました。
だって、らぶがこんなに沢山の人に愛されていたってことだから。
それに、旅立ってもまだ愛して貰っているということだから。

貰ったお花は、すごく迷ったけれど全て一緒に火葬しました。
らぶが、虹の橋でみんなに配れるくらいの量はあったと思います。

笑顔が素敵ならぶ。
沢山の人を幸せにした、名前通り「愛」に溢れた子です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
by i..mana
21:14 | その時のこと | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
その夜のこと | top | らぶを病院から連れて帰る

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kimitozuttoitumademo.blog109.fc2.com/tb.php/178-3481fafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。