スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by i..mana
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

〈3〉トイレのしつけ/さくら(成犬)編

成犬でしつけを開始したさくら
結論から言えば一番大切なのは
さくらのリズムに合わせてトイレを教えることでした。

さくらは、元々広い犬舎で自分で場所を決めてしていたようです。
そのため、トイレの場所不確定…。
一方我が家は、日中3~7時間ほどお留守番の日があります(週に2~5日)。
更に、成犬のためトイレの回数もそう何回もありません。
するタイミングを見計らうのも難しい状態でした。

お留守番の時にトイレをしていて、帰ったら眼下に広がる惨状…という日々が続きました。
帰るのが怖いほどの散らかしようの時もありw

最初は「さて、困ったぞ」と思ったのですが
成犬でしつけを始めたさくらも、今ではお漏らししなくなりました。
(た、たま~に失敗しますけど…)


【さくらの目標】
基本的にはケージのトイレシートの上、又は庭でトイレをすること。
お留守番の時はトイレシートの上、または我慢。

【方法】
※トイレシートでのしつけは【こむぎ編】で。
 さくらはトイレシートでの排泄よりも庭が多いです。


1、お散歩を除き、1日に何回もさくらを庭(トイレしていい所)に出します。
  そこで用を足し始めたら「ワンツーワンツー」とコマンドを掛けます。
  そして、終わったら大袈裟に褒めちぎります。

  ※成犬はそんなにトイレの回数が多くないので、本当はこんなに出さなくても大丈夫です。
   ただ、私はさくらがいつトイレに行きたいのか分からなかったので
   日に何度も出してみました。
   しない時は「ワンツー」のコマンドはしません。

 toilet.jpg

2、失敗した時(家の中、トイレシート以外でしてしまう)は無言で片付けをします。
  怒りません、絶対。
  途中で怒ってしまうと「トイレ=悪いこと」と思ってしまい
  我慢するようになってしまうそうです。
  また、騒ぐと遊んで貰えると思ってしまうので、あくまでも「無言」を貫きます。
  例え、巻き散らかしても、その脚で飛びついてこようとも、うんこくっつけられようとも
  ひたすら無言です。  
  泣きたい気持ちも我慢!!

3、繰り返すうちに「庭に出る=トイレ=喜んで貰えるし、褒めて貰える=嬉しい」
  「家の中でトイレ=無視される=つまらない」と覚えてくるので
  家の中でおしっこをしなくなります。
  
4、その習慣がついたな、と思ったらトイレに出す回数を減らしてみます。
  基本的に成犬はそんなにトイレの回数が多くないので
  人の生活習慣に合わせてOKかなと。
  我が家の場合は起床時・出社前・帰宅時・就寝前+α(妙にそわそわしている時など)です。

5、多少の我慢であればできるようになります。
  また、トイレをいつすれば良いか理解してくれます。
  
個人的には、あんまりトイレを我慢させてしまうのは体に良くない気がするので
外と室内トイレの両方で出来るようになるのが理想かなと思います。
でも、さくらは今ではトイレがしたくなると呼んでくれるようになりました。
更に、庭でのトイレも家裏側の隅っこの方でこっそりしてくれるので
とっても助かっています。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
21:32 | しつけ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
〈3〉トイレのしつけ/こむぎ(子犬)編 | top | 〈3〉トイレのしつけ/基本編

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kimitozuttoitumademo.blog109.fc2.com/tb.php/130-a60c6bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。