スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by i..mana
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

〈1〉名前を覚えてもらう

犬を迎えたえら、まず覚えて貰うのが名前。

犬を迎えてから名前を用意するのでも良いのですが
飼う前に名前を用意しておき、
迎えたその日から、愛情を込めて呼んであげるのがオススメです。

私は、らぶもこむぎも最初に掛けたい声が名前だったので
あらかじめ用意しておきました。
※さくらは岡田さんち(南星かな?)で既に命名されています。

犬は飼い主の声をよ~く聞いているので、そのうち色々な言葉を習得します。
しつけの掛け声だけでなく、人が喋ることを結構理解してたりします。
例:会社、学校、お菓子、お風呂、階段、などなど…。

その最初が名前です。

「ワン!」とは違う言葉を覚えるための第一歩だと思います。

ただ、名前の覚えさせ方…というのは特に意識したことがなく
とにかく呼ぶことで覚えて貰いました。

ご飯の前に呼んだり、撫でながら呼んだり…。
そのうち名前を呼ぶとこちらを向いたり、来るようになります。
そうしたら沢山褒めてあげます。

name_2.jpg

ただし、犬にとって名前が「素敵なもの」であるように
叱る時は名前を呼ばないようにします。
イタズラを発見した時など、つい「こむぎ!!」とか言いたくなるのですが…。

「名前を呼んでもらう=幸せ」と思ってもらえるように
愛情をたっぷり込めて呼ぶことにします。

ちょっと逸れますが、名前って素敵ですよね。
その日から10年以上に渡ってたっぷりの愛情をプレゼントしてくれる犬達に
私たち人間からの最初のプレゼントです。

仲良くなるための魔法の言葉かもしれません。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
21:18 | しつけ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
〈2〉「グッド」と「ノー」を覚えてもらう | top | しつけの基本

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kimitozuttoitumademo.blog109.fc2.com/tb.php/127-09677d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。