スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by i..mana
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

犬の気管支炎

さくらとこむぎの通院記録から。
原因は未だにはっきりしていませんが、気管支炎という診断でした。


…事の始まり…
《さくら》
病院へ行く前日の昼頃から咳をし始めたようです。
乾いた咳をして、首を下げて苦しそうにしていました。
1度吐いたけれど、それは多分咳のしすぎ。
翌日になっても治まらなかったので、病院へ。
《こむぎ》
さくらの咳が出た翌日にひどい空咳の症状。
こむぎの方が咳が止まらずに苦しそうにしていたので、診療外でしたが病院へ。

【気管支炎って何?】
乾いた咳が特徴の気管の病気。
原因はウイルスから物理的な原因まで様々で、特定が難しいらしいです。
子犬の気管支炎は「ケンネルコフ」と呼ばれているみたいです。
色々な見解があるようですが、ケンネルコフは、犬パラインフルエンザなどのウイルスが原因。
ただし、一般に、犬が定期接種する混合ワクチンで予防できる。
(獣医さんによると混合ワクチンは3年は効き目があるとか…1年に一度という説、3年に一度という説両方あります。)

そういえば、こむぎもそれでうちに来るのが遅れました。
特に小型犬に多い病気らしく、慢性のものもあるとか。

【どんな症状?】
苦しそうな空咳が特徴的。
症状が酷くなるとのどの周りを触らせてくれなくなったり発熱します。
ゼーゼーという呼吸音や、呼吸困難を引き起こす子も。
さくらは、乾いた咳が続き、恐らく咳に誘発されて1度嘔吐しました。
吐きたいのに吐けないような、酔っ払いのオッサンみたいな咳でした。

【何故起きる?】
原因は多くあるので、特定は難しいそうです。
中でもよく言われているのが
・細菌やウイルス
・アレルギー
・物理的刺激
だそうです。

最も多いのは細菌やウイルスによる感染
抵抗力が落ちている場合に感染することが多いそうです。
その他、ホコリやハウスダストなどのアレルギー、
排気ガスやタバコの煙でも発症することがあるようです。
また、物理的な原因としては、種子など異物の吸引や気管支への刺激も考えられます。
腫瘍などの病気によって気管支が圧迫されて起こることもあるそうです。

【治療法】
細菌などが原因の気管支炎だと分かれば、吸引治療をするそうです。
一般的には内科的治療。
さくらとこむぎは咳止めの注射、抗生物質投与。
薬で咳止めを処方してもらいました。

気管支炎の場合、大切なのは治療よりも原因究明。
腫瘍などが原因ではないか、その他の病気が咳となって現れていないかを
検査するようです。

【予防法】
・興奮が原因となることもあるので、なるべく興奮させない
・肥満した犬がなりやすいので体重管理を行う
・ハウスダストやほこりなどに注意する
・散歩で興奮する犬の場合はカラー(首輪)よりもハーネス(胴輪)を使う

【気管支炎(ケンネルコフ)情報リンク】
犬の辞典
犬の気管支炎
犬の病気大辞典
ケンネルコフ

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
by i..mana
09:45 | 病気 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

犬のアレルギー

2011年10月6日にこむぎが通院した記録です。
病院で教えて貰ったことのメモ代わりに、そして同じ症状で情報を探している方のお役に立てば嬉しいです。


…事の始まり…
その日の朝は何でもなかったのですが
帰宅すると、こむぎのマズルが腫れていました。
おかしいと思い、すぐに病院へ。
結果、アレルギー疑いでした。

【犬のアレルギーって何?】
犬にも人と同じようにアレルギーがあります。

アレルギーには3種類あるそうです。
アトピー性の皮膚炎
食べ物によるアレルギー
接触によるアレルギー

【どんな症状?】
顔面が腫れ、かゆくなります。
発熱下痢嘔吐などの症状が出る子もいるようです。
症状が出やすいのはマズル、顔、お腹、性器らしいです。

こむぎの場合はマズルが腫れたことで気がつきました。
口の中に手を入れてみましたが、皮膚が通常の2倍位の厚さになっていました。
体も熱を持っているようで、お腹には湿疹が出ていました。

【何故起きる?】
原因となる物質(アレルゲン)を口や鼻から吸い込んだり
食べたり、触れたりすることで発症するようです。

原因となるものは人と同じで特定の食べ物などからホコリまで本当に様々のようです。
普通は大丈夫でも、その子はダメ、それがアレルギーです。
食べ物によるアレルギーの場合、人間ではたんぱく質を多く含む食品が危険だと言われていますが
犬の場合はそうとも限らないようです。

こむぎの場合、病院では
変わったドッグフード、中国製のオモチャ、ハウスダスト、新しく出した毛布、散歩の時につまみ食い
などはないかと言われました。
思い当たることは今のところありません。
ただ、前日の夜にストーブを出したので、ホコリ…?とちょっと思いました。

【治療法】
とにかく原因の物質や食べ物を知る事が一番らしいです。
まず、血液検査をしてアレルゲンを調べます。
原因が分かった場合はそれを避けますが、科学物質などの場合は血液検査では分からないそうです。
その場合は、原因と思われる食べ物、器具や機材、を数週間使用しないようにして様子をみます。

食べ物が原因の場合、その食品を避けることが一番です。
食事も、低アレルギー食の食事に変えるのが良いそうです。

【予防法】
・食べ物の場合は残念ながら予防出来ません。
 症状を出さないようにする為には、原因となる食品を避けることです。
・接触によるアレルギーの場合、首輪やシャンプーが原因となることもあるので
 こまめに洗う、シャンプーはしっかり洗い流すことが必要だそう。

【犬のアレルギー情報リンク】
こんなつたない説明よりも詳しく分かりやすく書いてあります~(笑)☆
トイプードルの気持ち~犬のアレルギーについてのお話~
犬のアトピー110番

【参考書籍】
もっとも詳しいイヌの病気百科
イラストで見るイヌの病気

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
10:04 | 病気 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マラセチア外耳炎

2011年6月21日にさくらが通院した記録です。
病院で教えて貰ったことのメモ代わりに、そして同じ症状で情報を探している方のお役に立てば嬉しいです。


…事の始まり…
さくらが耳を痒がっていました。
耳掃除は定期的に行っていましたが、茶色っぽい耳あかが大量に出ていたので病院へ。
結果、マラセチア外耳炎と診断されました。

【マラセチアって何?】
マラセチアまたの名を酵母様真菌。
犬の耳の中にはマラセチアという菌がいるそう。
これはどの子も(人も)持っていて、耳だけではなく口や肛門にも住んでいるカビの一種。
普段は特に問題がなく、むしろ居ても良いカビらしい。いわゆる「常在菌」ってやつです。

【どんな症状?】
耳をかゆがったり、耳掃除の時に黒っぽい耳あかが出たりします。
さくらは、ネバネバした赤茶色の耳あかが出ました。
顕微鏡で見せてもらうと、丸っこいカビが大量に…。ひーっ!

【何故起きる?】
原因は主に3つ。
・湿気と気温(梅雨~夏にかけて多いそうです。38度くらいでムレるらしい)
・体質(脂が出やすい皮膚の体質があるそうです)
・抵抗力の低下(アレルギーや皮膚の弱い子、弱くなっている子に起こりやすいそうです)
ラブラドールのような垂れ耳の犬種には特に起こりやすいそうです。

【治療法】
一時的にかかったものであれば点耳薬や飲み薬で治療が可能ですが、
体質の場合は生涯付き合っていく必要があるようです。
その場合、極力通気性を良くして、菌が増殖するタイミングで点耳薬での耳掃除を
行えば症状が酷くなることはほぼないそうです。
ちなみに、菌が増殖するタイミングは犬によって異なり、1週間~1ヶ月とバラバラだそう。
日頃から耳の様子をチェックして汚れるタイミングで点耳薬を使用すれば
問題なさそうでした。

【予防法】
・耳掃除の時に少し奥の方まで洗浄を行う(注意してやって下さい)
・泳いだ後やお風呂の後などは、耳の水分をきちんと拭き取る
・こむぎ、舐めない(笑)

【マラセチア情報リンク】
こんなつたない説明よりも詳しく分かりやすく書いてあります~(笑)☆
gooペット
マラセチア感染症
耳の手入れについて
マラセチア治療法


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
22:27 | 病気 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。