スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by i..mana
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

〈7〉house(おうち)の教え方

お留守番の前や来客の時など、ハウス(ケージの中)でじっとしていて欲しい時もありますよね。
そんな時に覚えておきたいのが「ハウス」です。

【方法】
1.ケージを開けておきます
2.おやつを持って犬をケージに誘導します。
  途中で付いてこなくなってしまったら、再び注意を引いてやり直します。
3.ケージの中に入ろうとした時に「ハウス」とコマンドをかけます。
  
  house.jpg

4.上手く中に入れたら、少し間をおいてからおやつをあげます。
  再びハウスから出る前に、ケージの中でおやつを与えます。
 「ケージの中に入っている状態=ハウス」と認識を持たせることが大切です。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
by i..mana
14:14 | しつけ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

〈6〉wait(待て)の教え方

パワフルなラブたちにちょっとじっとして欲しいとき、
ご飯の前に便利な「wait」の教え方です。

【方法】
1.犬を「sit」させます。(downで待てをさせたい時は先にダウンのコマンドをかけます)

  wait1.jpg

2.アイコンタクトを取りながら「Wait」とコマンドをかけて、犬から少しずつ離れます。

  wait2.jpg

3.動いてしまったら「ノー」といい、もう一度1~2を繰り返します。
4.付いてこずに、しばらく動かずじっとしていられたら「good(ヨシ)」と言います。
5.犬が飼い主に寄って来たらおやつをあげます。

「wait=そのまま待つ」
ということを覚えさせるのがポイントです。
最初は一緒に歩きたがったり動いてしまうので
動きそうになる度に何度かコマンドをかけても良いと思います。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
14:11 | しつけ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

〈5〉down(伏せ)の教え方

愛犬と一緒にカフェに行ったり、ピクニックなどしたいですよね。
その時に便利なのがこの「フセ」です。

【方法】
1.犬を「sit」させます。飼い主は体育座りのような格好をします。

 down1

2.犬を手(またはおやつ)に注目させ、手を足の下を通して反対側に持って行きます。

3.犬が足の下をくぐろうとしてお腹を床につけたら(つけそうになったら)コマンドをかけます。
 down2.jpg

4.動作を覚えたら、飼い主が立っていても出来るように、繰り返しコマンドを覚えさせます。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
22:06 | しつけ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

〈4〉sit(座れ)の教え方

基本中の基本、「シット」。
さくらは成犬で我が家に来たので最初から出来て
こむぎもいつも間にかさくらを真似て出来るようになってました(楽)。
なので、らぶを思い出して書いてみます。

【方法】
まず、愛犬の前に立ち、興味をこちらに向けます。
おやつなどを使っても良いと思います。

1.愛犬としっかりアイコンタクト。
2.手を愛犬の頭上に広げ、興味をそちらに向ける(おやつを持っていると良いかもしれません)
  sit1.jpg

3.愛犬が注目しているのを確かめながら、手(おやつ)を愛犬の真上→背後へ移動させます。
4.愛犬は見上げる姿勢になるので、自然とお尻をつきます。
  その瞬間を見計らって「座れ」とコマンドを掛けます。
  sit2.jpg

5.きちんと座れたら大袈裟に褒めます。そしておやつもあげちゃいます。
  これを繰り返すうちに、「座れ」というコマンドを覚えてくれます。
コマンドは必ず統一して繰り返します。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
21:48 | しつけ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

〈3〉トイレのしつけ/食糞編

タイトルの通りです…
そうなんです、うちのこむぎさん、うんち食べます
「うんちょすこむぎ」の別名を与えられております(不名誉)。
しかも、さくらのうんちを…。

食糞行為は、人間からするとあり得ないの一言ですが…
犬にとってはさほど珍しいことではなく困った経験のある飼い主さんも多いそうです。
らぶの時もありました。

原因として考えられるのは
以下が多いようです。(私が調べたところによると、です)

・寄生虫
・ごはんのにおいがする
・お腹が空き過ぎている
・外敵に狙われないため
・ストレス
・おもちゃと勘違い
・トイレのしつけの失敗


食糞は、しばらくすると勝手に収まることもあるようです。
らぶがそうでした。1週間くらいすると、自然に食べなくなりました。

ただ、やっぱり臭いし、心配です。なるべく早めにやめさせたいですね。

【方法】
まず、愛犬が何故食糞をするのか原因を考えてみます。

<寄生虫>
病院へ!

<ドッグフードのにおいがする>
どうにもならないのですが、人の食べ物はにおいが強いので与えないようにします。
少量の野菜をドッグフードと一緒にあげるのも良いそうです。
※ただし、犬は人間と違って野菜を消化する力が弱いのであげすぎには注意です!

<お腹が空きすぎている>
食糞する時としない時があるなどであれば、この可能性もあります。
フードは足りているか、痩せていないかをチェックします。

<外敵に狙われないため>
体が小さい子犬は狙われやすいので自分の痕跡を残さないために、片付けるという説があります。
親犬と離れたばかりの子犬によく見られるそうですが、これもやはり、「すぐに片付ける」ことが第一です。

<ストレス>
子犬は想像以上にストレスを感じやすいです。
原因になっているものがないかをよく考え、あるようなら取り除きます。
スキンシップ不足などから構って貰いたくて食べることもあるそうです。

<おもちゃと勘違い>
他のおもちゃを与えるなどして
うんちはおもちゃではないと教えます。
遊び食いしているのを見つけたら、無言で片付けます。
そして、もっと楽しいおもちゃを与え、一緒に遊んであげます。
そうすることでうんちより楽しいおもちゃがあることを分かってもらえます。

<トイレのしつけの失敗>
トイレを違う所でした時に怒ってしまうと
「トイレ=悪いもの」と思ってしまいます。
すると、うんちをした時に
「怒られる!飼い主が来る前に片付けよう!」と思ってしまうらしいのです。
で、隠す為に食べると。
何とも可哀相なので、トイレのしつけには十分注意したいですね。

原因をよく考えて、それを取り除いてあげることが最優先です。


それでも直らない場合…

a、人のいる所でうんちをさせ、すぐに片付ける。
  うんちしそうになったらすぐスタンバイ!

b、うんちが苦くなるドッグフード又はおやつを与える。

c、うんちに苦い薬をかけ「うんち=苦い」と覚えさせる。
  「ビターアップル」などが有名ですね。

私は、個人的には「a」が一番良いと思っています。
体に入れる薬は出来る限り避けたいと思っているので。

こむぎはそうしています。
お陰で、最近は少しづつおさまって来ています。
とは言ってもまだまだウンチョスこむぎです…。

因みに、こむぎの食糞の原因は
「さくらのうんこが好き」だからだと思います。(←オイ)

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
by i..mana
21:39 | しつけ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。